最安値業者が簡単に見つかる唯一の方法

更新日:2019/6/4
  1. 複数の業者へ一括見積りにて最安値がわかる

  2. 地域密着の業者のみ相見積もりができる

  3. とにかく最安値で不用品回収を依頼できる


一括比較見積り


不用品回収 一括比較

粗大ごみ回収業者の費用は?無料の方法とは「粗大ごみ回収の口コミ」


粗大ゴミを処分するとき回収業者へ頼んだほうが良いのか

粗大ゴミを処分する際に、どうしても時間がない場合は廃品回収業を営んでいる会社に頼んでも大丈夫でしょうか?
正確な答えとしては、それが正式な認可を受けた一般廃棄物回収業者なら、何も問題はありません。
問題は、そうした業者は消費者が正式な依頼をしない限りは、絶対に家庭に訪問はしないことですね。
つまりそうした業者以外は、全部「違法業者」です。
頼む頼まない以前に、犯罪ですのでここは注意が必要です。

通常ゴミ回収にやってくる清掃業者は、民間の委託会社も含まれますが、再生可能資源を回収するため、一般廃棄物回収業の認可をきちんと受けています。
従って、チャイムを鳴らして回収に来ることはありません。

騙されやすいのは、「粗大ゴミ処理にはお金がかかる」という大きな誤解です。
例えば自転車ですが、ホイール、ハンドル、フレームを分解してバラバラにしてしまえば、金属ゴミとしてゴミ回収車が持って行ってくれる場合もあります。
それに人の高さほどもある洋タンスも、費用は自治体で多少変わりますが、費用総額でも1個1,000円以内です。
近所に粗大ゴミセンターなどの公共施設があれば、持ち込みで費用を半額ほどにすることもできます。
わざわざ高額の費用を払ってまで、違法業者に任せる必要はありません。
一度におよそ10個程は、粗大ゴミとして出せます。
故障品の家電なら、粗大ゴミとして出すことができます。

粗大ゴミの回収や不用品引取りなどは、通称「便利屋」なども行ってますが、古物商や産業廃棄物収集運搬業、軽運送などの業務内容から、ほとんどが家庭ゴミの回収に必要な一般廃棄物回収業の認可を受けていませんね。
産業廃棄物処理の認可を受けていても、一般廃棄物回収業の認可がなければ、粗大ゴミの回収も引き取りも全て行政処分対象です。
認可を所得できない業者を信用できるはずもありません。
つまり、消費者の「無知」を逆手にとった悪質な違法業者もいるということをご理解いただき、業者選びにお役立てください。

粗大ごみ業者利用者体験談 - 目次


【体験談1(口コミ)】粗大ごみ回収を民間の業者に依頼したよ

私は新居を購入して引っ越す時に、粗大ごみ回収を民間業者に依頼したよ。一般的に粗大ゴミっていうと、市区町村の粗大ゴミ受付センターに電話して引き取りに来てもらったり、自分で持ち込み場所まで運んだりすることが多いよね。実際私もそうしていたのだけれど、私が住んでいたエリアでは、回収に来てもらうと粗大ゴミ1点あたり3百円から千円もの費用がかかったし、持ち込みは年に10点までしかおこなえなかったの。引っ越しの時は10点以上の粗大ゴミがあったから、持ち込みはできないし、1点ずつ費用を支払っていたらトータルでかなりの額になっちゃう。そのうえ粗大ゴミの中にはパソコンもあって、これは市区町村の粗大ゴミ受付センターでは引き取ってもらえないんだよね。そこで私は、民間業者にまとめて回収してもらうことにしたんだ。まずは電話で申し込んで、粗大ゴミのだいたいの数や大きさを伝えたの。そしたら、軽トラック1台で運べるから最も安い料金でOKと言ってもらえたんだ。しかも平日に依頼したことで、少しだけど割引もしてもらえたよ。回収当日は2人のスタッフが来てくれて、それはもう、びっくりするくらいの速さで回収作業をしてくれたよ。玄関近くに運んでおいた粗大ゴミはもちろん、廊下の奥に配置していた家電製品まで、2人でテキパキと運び出してくれたんだ。時間的には10分くらいだったかな。料金は、基本料金が3千円で、それに加えてパソコンとか処理が大変な家具家電には別途手数料がかかって、さらに割引してもらった分を差し引いて、トータルで5千円程度だったよ。安かったし手際が良くて感心したし、何より部屋がスッキリと片付いたから、依頼して良かった。


【体験談2(口コミ)】現在、粗大ごみ回収の予約をしています

夏に使用した2畳サイズのい草マットと、裏が破れて中のウレタンが出てきてしまっているホットカーペットカバーを粗大ゴミとして出す為、先日清掃業者に連絡をして回収の手続をしました。粗大ゴミ回収にかかる費用は500円から。大型ゴミ納付券というシール型の券を、市内スーパーや市民センターや公民館等市の施設、清掃業者の事業所、コンビニ各店で購入し、名前を書いて粗大ゴミに貼ります。そして収集の予約を、電話もしくはインターネットから手続し、指定日に指定された場所に出せば市の清掃業者が回収してくれます。この大型ゴミ納付券が普段忘れてしまったりしてなかなか買いに行けなくて、ここ数週間、カーペットが部屋の中に置いたままになっていました。予約してからも回収は約1週間後なので、実は現在もまだ部屋の隅に置いてあります。粗大ゴミは来週の指定日の朝8時までに出すことになっています。幸い、3畳以下のジュータン(カーペット含む)は2枚まで大型ゴミ納付券1点とされているので、今回の場合、500円で2枚とも出すことができました。その他、セットのものでは布団、マットレス、金属製ケース(50cm以上)、網戸(50cm以上)、物干し竿、トタン板などがあります。布団、マットレス、網戸は3枚まで、金属製ケースも3個までが1点、物干し竿は5本まで、トタン板も5枚までが1点として数えられ、500円の大型ゴミ納付券1枚で粗大ゴミ回収に来てもらうことができます。


【体験談3(口コミ)】粗大ゴミ改修の体験談

粗大ゴミの処分にこまっていたのです。粗大ゴミですからとても大きいので自分ではどうすることもできません。そうかと言って、公共のゴミ捨て場に捨てることもできないのです。また、公共機関に依頼をするとなると有料であることがわかりました。ゴミをすてるだけなのに有料になるなんてことは考えたくなかったので、なんとかする方法はないかと調べたのです。まずはインターネット粗大ゴミ回収について調べてみると、なんとリサイクル業者が回収してくれるというのです。さらにうれしいことには料金はかからないというのです。あわよくば買い取ってくれる可能性もあるとのことでとてもうれしくなりました。そこで、そのような業者に連絡をしてさっそく回収してもらうことにしたのです。期日をきめて、その日に担当の人が家まできてくれました。大型のトラックにのってきました。そしてさっそく家の粗大ゴミを査定してもらいました。粗大ゴミはたくさんあったのですが、とても手際よく査定をしてくれたのです。今回は、買取はむずかしいとのことだったのですが、料金はかからないとのことだったのですべてを持っていってもらうことにしたのです。粗大ゴミ回収についてなにもわからなかったのですが、今回の経験によりとても勉強になりました。まず、途方にくれるまえにインターネットで調べてみることの大切さをまなびました。また、業者の人も懇切丁寧だったのでまたなにかあったときには依頼しようと思っています。


【体験談4(口コミ)】粗大ゴミで困ったら粗大ゴミ回収の専門業者に相談を。

日常生活を送っているとさまざまなゴミが発生します。日常生活から生じる生ごみや燃えるごみは、住んでいる市町村が定期的に回収処分をしてくれるので困りませんが、家具や家電製品を新しくした場合などに発生する粗大ゴミの扱いには頭を悩ませます。家具の新調に伴って発生するものならば新しく買った家具屋さんに、家電製品であれば、新しい製品を買った家電屋さんに引き取ってもらうのも方法ですが、そうしたことをしないで、家で使っていたものが古くなって使えなくなってしまったなどの場合は困ったことになります。若い人ならば、有料で市町村に引き取りの依頼を連絡し、収入証紙をはって家の外においておくこともできます。また、場合によっては自家用車に粗大ごみをのせて市町村の清掃工場に持っていくと有料で処分してくれるケースもあります。しかし、最近、問題になっているのが高齢化が進み、マンションの高層階にすむ老人が、マンションの階下まで粗大ごみを運ぶことができずに、部屋の中で保管したままの状態になっているケースが増えていることです。また、年齢に関係なく、古いタイヤなどは、市町村では回収してくれないところがあるため同処分したらよいのかわからないといったことがあることです。そんなときに頼りになるのが粗大ゴミ回収を専門にしている業者です。電話一本で、回収に来てくれて、マンションの高層階に住んでいても回収してくれてとても便利で、頼りになる存在です。


【体験談5(口コミ)】引っ越しに伴う粗大ゴミ回収の体験談

私が粗大ゴミ回収を利用したのは、引っ越しをした後のことでした。当時、もともと持っていたエアコンを新居にも持って行ったのですが、エアコンを設置するはずだった部屋にエアコンを設置するための設備がなく、持て余してしまいました。ちょうど年式の古いエアコンということもあり、処分することに決めたのです。最初は市の粗大ゴミ回収にお願いしようかと思っていたのですが、料金が思いのほか高くつくことを知り、たまたまチラシが入っていた粗大ゴミ回収業者さんにお願いすることにしました。チラシの電話番号に電話連絡をし、回収日時や回収方法などの説明を受けた後、指定の日にちになりました。私がお願いしたのはエアコンの室内機と室外機のセットでしたので非常に重く、玄関の外へ出すのも一苦労でしたが、指定の日時にしっかりと回収をしてくださいました。また、小さい子がいてお昼寝の時間にチャイムを鳴らされたらいやだなと思っていましたので、置いておけば業者さんが勝手に回収して下さるシステムはとてもありがたいものでした。ちなみに、当時住んでいた市の回収料金はおよそ1000円ほどでしたが、業者さんに頼んだ場合なんと無料で回収してくださいました。特に引っ越し前後は粗大ゴミなどが出ることが多いため、このように無料で回収して下さるのは本当にありがたいことです。もしまた引っ越しをする際には、もう一台古くなったエアコンがありますので、そちらも業者さんにお願いしたいと思っています。


【体験談6(口コミ)】粗大ゴミ回収について

粗大ゴミ回収についてですが。不燃物というか、大きな物を捨てたいときにどうすれば良いのかとても困りました。昔はどうだったのか分かりませんが、今は勝手に外に捨てたりすれば問題になります。燃えないゴミでも決まった日になら特定の場所に捨てて良い物もありますが、捨ててはいけない物もあります。どんな物かと言いますと、例えば冷蔵庫などの電化製品がそうだと思います。サイズがそんなに大きくなくても捨ててはいけない物もあると思い、専門の業者に電話で聞いたりしました。電化製品以外にも捨ててはいけない物があるらしく、ちゃんとその辺を確認してその業者に取りに来てもらう約束をしました。有料だそうで、しかも思ったより高い金額にびっくりしました。捨てたかった物はマッサージチェアで、まだ買ったばかりで本当は捨てたくはなかったのですが、引越しをした家が狭いので置き場所がありません。そのマッサージチェアを買うことにしたのはテレビショッピングを見て欲しいと思ったのと、友人もそれを持っていてとても品質が良い物だったからです。価格もかなり高かったので買うのを辞めようか迷ったりもしたのですが、誘惑に勝てずに買ってしまいました。今となっては凄く後悔しています。引越し先の家がそんなに狭いとは思ってもいなかったので、マッサージチェアが置けないと分かったときはショックでした。しかも、それを捨てるのにもお金を払わなければいけなかったのでとても残念です。マッサージチェアはその業者が取りに来てくれて、親切に対応してもらえたのは良かったです。


【体験談7(口コミ)】粗大ゴミ回収を依頼してみました

この前自宅で暇なときに、パソコンを使ってインターネットを楽しんでいたら、たまたま粗大ゴミ回収を行っていると言う業者の広告を目にしました。私はそのような業者があるとは全く知らなかったので、とても意外な感じがしましたが、自分の部屋の中を見てみたところ不要になった大きなゴミが、たくさんあることに気づきましたので、思い切って依頼してみようと思いました。すぐに連絡先を調べて電話をしてみたところ、スタッフの人が非常に丁寧に対応してくれましたが、普通のお店と違って接客にはそれほど力を入れていないだろうとイメージしていたので、かなり意外な感じがしました。その後詳しく話を聞いてみたところ、やはり粗大ゴミの回収と言うものを行っていて、自宅まで引き取りに来てくれるとの事でしたので、しばらく考えた後に思い切ってお願いしてみることにしました。それから少しして業者の人が実際に駆けつけてくれましたが、非常に手慣れた感じで家の中の粗大ゴミを外に運び出し、その後は乗ってきた車に積んで運んで行ってくれましたので、私はそのスムーズさにとても驚いてしまいました。結局スタッフの人達は最後までしっかりと対応をしてくれましたし、運び出された部屋の中を見てみると新しいスペースが生まれており、そこをいろいろと活用できるようになりましたので、今回は本当にたまたま粗大ゴミ回収業者の存在を知ることができて良かったと、心から強く感じました。


【体験談8(口コミ)】大きな荷物ってどうしたらいいだろう

引越しなどの際に、結構困るのが、ベットマットとかベットの枠とか、気分で買ってしまったけれどまったく使わない電子ピアノとか、実家から持ってきてしまった古いたんすとか・・・。大きな荷物って、引越しにあたって捨てて行ったほうがよい場合がありますよね。運ぶ距離にもよりますけど、運搬費用を考えたらさほど新しくもないベットマットなんて、転居先で買い換えたほうが得じゃないかと思います。そうなったときに、とても便利だったのが粗大ゴミ回収業者さんに来てもらって、買取してもらうという方法です。私も5年位前の引越しの時には、3年くらい使用したそんなに物がよくないベットマットとベットの枠を転居先に持っていこうかと悩んだことがありました。そんなに思い入れのあるものでもないし、これを機にもっと良いものに新調したかったので処分してしまおうと思ったのですが、今は粗大ごみを捨てるにもお金が取られる時代です。お金かけてごみ捨てるのも馬鹿らしいし、と思って、よく広告が入ってくる粗大ゴミ回収買取業者さんに気軽な気持ちで査定をお願いしたところ、ベットマットと枠を2000円で買い取ってもらえることになり、それならと思ってお願いしました。マットを購入したときには運び入れるのも結構大変だった記憶があったのですが、運び出しもさっとやってしまって、ベットの運搬がないだけでも引越しがずいぶん楽になり、おまけに2000円で売れて、とてもラッキーでした。このような処分方法もおすすめですよ。


【体験談9(口コミ)】粗大ごみ回収を依頼したら粗大ゴミを買い取ってくれた

家にたくさんのゴミが出てしまったことがありました。いわゆる粗大ゴミがたくさんありました。そのときは引越しをする準備のため、不用品と必要なものをわける作業をしていたのです。すると、思っていたよりもゴミが増えていきました。また、ゴミの数だけではなく想定外のゴミもどんどんと増えていったのです。たとえば、長年つかっていた家具です。家具は新しい家に持っていくことも検討したのですが、なかなか難しいことがわかり処分をすることにしたのです。ですから、そのような家具もあわせるととてもたくさんのゴミが出てしまいました。それらのゴミをどのように処分しようか考えていたところ、粗大ゴミ回収業者があることを知りました。そこでその業者に問い合わせをおこなうと、その日のうちにゴミがどれくらいあるのかを見に来てくれるということなのでその日のうちに来てもらうことにしたのです。粗大ゴミ回収のひとの説明を聞くととてもわかりやすい説明でとてもわかりやすかったので、その場で回収をお願いすることにしました。すると、粗大ゴミ回収業者はどんどんと粗大ゴミを回収していきます。トラックにすべてをつみおわると料金についての話となりました。今回は初めての依頼だったためすこしサービスをしてくれるとのことでした。ゴミを持っていくのだからすこし高めの料金を請求されるのかと思っていたのですが、そうではなく逆に粗大ゴミを買い取ってくれたので助かりました。


【体験談10(口コミ)】初めての粗大ゴミ回収依頼

粗大ゴミ回収をはじめて利用したのは結婚して横浜に引っ越してからです。それまでは不用品の処分はきっと両親がしていたのでしょう。親がいない状況で不用品の処分を自分でしなければならず困り果てていました。地域で発行している冊子を見ると不用品の処分方法や生活する上で困ったときに必要な情報が細かく書かれていました。そこに書かれていたようにまずは粗大ゴミ回収センターに電話してみると、捨てたいものの内容について詳細に聞かれました。壊れたパイプベッドとマットレスを処分したいこととサイズを伝えると処分料を教えてくれました。コンビニや郵便局で処分料を支払い、処分シールをもらいました。ベッドとマットレスにそれぞれにシールを貼り指定された日に捨てることになりました。処分する場所は自宅近くのゴミ集積所を指定されたのでそこまで主人と運びました。もし集積所が遠く運ぶのが大変な時は自宅前でも回収してもらえるそうです。処分シールに記入する名前はイニシャルでも構わないそうで、プライバシーも守られているようです。難しく感じた不用品の処分でしたが、親切に対応してもらえたこともありスムーズにできました。私のように分からないことでも支えがあって正しく処分している人がいる一方で、人目につかない場所へ不法投棄をしている人達がいるのが現実です。一人一人が自覚と責任を持ってしっかりと処分できたら環境問題も少しは改善できるのではないだろうかと思いました。


地域一最安値業者が簡単に見つかる唯一の方法

更新日:2019/6/4
  1. 複数の業者へ一括見積りにて最安値がわかる

  2. 地域密着の業者のみ相見積もりができる

  3. とにかく最安値で不用品回収を依頼できる


一括比較見積り


不用品回収 一括比較