最安値業者が簡単に見つかる唯一の方法

更新日:2019/11/12
  1. 複数の業者へ一括見積りにて最安値がわかる

  2. 地域密着の業者のみ相見積もりができる

  3. とにかく最安値で不用品回収を依頼できる


一括比較見積り


不用品回収 一括比較

不用品回収 福岡ランキング

口コミで決める福岡の不用品回収業者(良心的な業者を探すポイント!)

家庭から出るゴミの中でも、なかなか厄介なのが家電です。
家電リサイクル法と俗称で呼ばれますが、正確には「特定家庭用機器再商品化法」と言われるもので、家電をそのまま処分した場合、今までは粉砕して埋め立てに使用する以外は利用価値がなかったので、再利用のための法律ですね。
これが、処分費用、運搬費用も消費者負担のため、平成10年以前の家電製品は、捨てるのがなかなか面倒くさいのです。
そのひとつがリサイクル券と、対象商品の記載を自分でしなければならないため、方法を色々調べなければならないんですね。
通常は家電買い替えと同時に、このリサイクル券は家電量販店から受け取るなり、手続きは取れるのですが、急な引越しや、どうしても急いで部屋を明け渡せねばならない場合など、なかなかすぐには出来ないことがあるからです。

家電の場合は、壊れて修理不能の場合は、「家電ゴミ」となるので、一般ゴミのように回収できないのと、粗大ゴミとしても回収できないことになります。
使える場合でも、一旦持ち主を離れて廃棄されたものは、基本的に勝手に他人がそれを持ち出すことも、運ぶことも禁止されているのです。

そこで、一般の不用品回収業者の登場となるのですが、一般家庭から出された家電でも、このリサイクル法に該当する家電は、専門業者でしか扱えないのし、そうした業者はリサイクル券無しに処分ができないのです。
そこで、大事になるのが「買取り」か「譲渡」が前提であれば、壊れた家電でも買い取ることが前提ならそれが可能となります。
つまりは、不用品の中に家電がある場合は、「古物商」の認可のある業者であれば、いずれかをしても違法ではないということができるのです。

地域一最安値業者が簡単に見つかる唯一の方法

更新日:2019/11/12
  1. 複数の業者へ一括見積りにて最安値がわかる

  2. 地域密着の業者のみ相見積もりができる

  3. とにかく最安値で不用品回収を依頼できる


一括比較見積り


不用品回収 一括比較