最安値業者が簡単に見つかる唯一の方法

更新日:2019/6/4
  1. 複数の業者へ一括見積りにて最安値がわかる

  2. 地域密着の業者のみ相見積もりができる

  3. とにかく最安値で不用品回収を依頼できる


一括比較見積り


不用品回収 一括比較

目次


【体験談1(口コミ)】不用品があれば積極的に廃品回収へ

以前は、廃品回収と聞くと「新聞・雑誌」をイメージしていましたが、実は紙だけではなくさまざまな物を回収してくれるところがあるのです。普通にゴミになるような物もこちらが料金を支払って引き取ってもらえば再利用できたりもするし、資源の有効利用ができるのでとてもいいことだと思います。また、無料の廃品回収の業者もあるので積極的に利用できるかと思います。我が家もゴミに出す前にこれは再利用できないか、廃品回収に出すことができないかどうかを考えるようになり、今までも何度も廃品回収を利用しています。たくさん業者があるので、自分に合った安心して利用できる業者を見つけることが大切なので、よく調べてから利用すると良いです。


【体験談2(口コミ)】地域の小学校・中学校のための廃品回収

小学校の資源回収という名で「廃品回収」をしています。中学校でも同様で行っています。学校の生徒の父兄が子ども達と一緒に自家用車で無料で小学校の学区内を町内ごとに分担して回収して周ります。一年間に4回、日曜日に行われます。荒天の場合は父兄が学区内を午前7時頃より広報車で伝え周ります。荒天で中止の場合は翌週に延期になる場合もありますが、あくまでもボランティア的なものですので見送る場合もあります。回収物の種類は、古新聞、雑誌、段ボールです。出す時は子ども達が持ちやすいように、小さめにまとめて縛ってくださいとお願いしています。出す方は朝8時までに自宅前道路に出しておきます。回収物の合計の料金は毎回7、8万円程になります。


【体験談3(口コミ)】部屋の中を整理することができました。

自宅の大掃除をした時、廃品をどう処分するのかに困る時がありますよね。私も廃品の処分に困った経験があるのですが、その時は廃品回収を行う業者を利用しました。廃品や不用品を回収してくれる業者をインターネットで調べ、料金等を事前にチェックし、実際に利用した方の声を参考にしながら選びました。じっくり選んだだけあって、とてもサービスの良い業者を利用することができましたよ。手際も良く、対応もとても良かったです。何よりも嬉しかったのが、無料で回収を行ってくれたということです。処分する物によっては料金が発生しましたが、無料で回収してくれる物も多くあり、費用を抑えることができたんです。また廃品が出た場合は利用したいと思えるくらい、良い業者に出会えました。


【体験談4(口コミ)】廃品回収を無料でしてくれるので助かりました。

不要物を処理するのって、場合によってはお金がかかるので結構痛いですよね。時々「廃品回収を無料で行います」って広告が入っていますよね。前々から気にはなっていたんだけど、あとで料金とか請求されたらやだなとか思って躊躇してたんだよね。でもこないだまた広告が入っていたから、もう使わなくなったVHSのビデオデッキを思い切って出すことにしました。そこの廃品回収業者は廃品に「廃品回収」と書いた紙を張って家の前に出しておけば持っていってくれるシステムだったので、朝紙を張って家の前において起きました。その日は休日だったので少し観察していると、トラックが来て素早く廃品を積み込んで行きました。近所に家も何件か廃品を出していたみたいです。すごく便利なのでまた利用したいですね。


【体験談5(口コミ)】無料の廃品回収について

廃品回収と言っても、無料引き取りや市などに料金を支払ったりと様々な廃品回収方法がある。よく利用するのが、市に電話をして有料シールを購入し廃品回収に来てもらう方法だ。すぐ回収にくるのではなく、2週間後くらいの引き取りになり少々不便だ。料金は100円からと安いが、やはり大型ごみになると1000円以上になっていまい、少しガッカリしてしまうことがある。この間は、たまたまポストに「明後日朝7時に、いらなくなった廃品を無料で引き取ります」のチラシが入っていた時があり、その時は掃除機やパソコンなどの電化製品を出したことがある。出す時は本当に無料かどうか不安だったが、問題なく引き取ってくれた。こういう無料回収に来てくれる業者が多くいれば有難いのにと思う。


【体験談6(口コミ)】料金無料廃品回収とシンプルな暮らし

「断捨離」という言葉が、定着しつつあります。シンプルにすっきりとした気分で暮らすことこそ本当の意味で心豊かな暮らしだと感じる人が増えてきたのでしょう。さて、大量のごみを出すとなるとその処分方法を考えなければなりません。自治体のごみ収集に突然大量のごみを一度に出すのははばかられますし、自治体指定の「大型ごみ」として出すとなると手数料ががかかります。そこで助かるのが、料金が無料の「廃品回収」です。昔から「ちり紙交換」のトラックが巡回してきたものですが、最近では、古紙回収に併せて、無料で引き取ってくれる廃品回収業者も増えてきました。家電など電化製品などは、壊れている箇所があっても引き取ってくれる業者もあります。壊れている箇所を修理し、東南アジアなどで販売されるそうです。資源を大切にするため、リサイクルされて新たに生まれ変わることは、素晴らしいことだと思います。


【体験談7(口コミ)】廃品回収の料金と無料ひきとりについて

年々共に大型家電や、自転車など、廃棄するのにもかかる金額が高くなっています。そんな中、無料で引き取りをしてくれるというところもあります。とはいえ、あちらから来てくれるわけではなく、広大な敷地が用意されており、自分たちで持ち込むという形です。それでも本来なら有料料金とされているものが、無料で引き取ってもらえるというのは大変ありがたく、うまく利用するのが良いと思います。昔はよく、町を廃品回収のトラックが廻っていたものですが、年々時代と共に形も変わってきているようです。うまくリサイクルされればエコにもつながるのでとてもよい形だなと思います。私の周りでも大変多くの人が利用しているようです。いろんな場所に点在しているのも利用しやすい点にあるのだろうと思います。


【体験談8(口コミ)】自治体で廃品回収業者に依頼しています

私は、100世帯以上の住宅地に住んでいるのですが、そのうち13軒だけ別の市にまたがっています。私はその13軒のうちの1つに住んでいるのですが、それぞれ住んでいる市が違うため、管理組合は同じでも、自治体は異なります。そのため、私たちの自治体だけで、廃品回収会社に依頼をして、月一回無料で廃品回収にきていただいています。そして、その収益となった料金は、自治会費としてためています。住んでから数年は、一般ごみとして出していたのですが、やはり少しでも自治会費の収入になればということで、数年前からはじめました。玄関前に置いておけば、とりにきてくれますし、自治会費にはなるし、とても良かったと思っています。廃品回収を依頼されているところは多いと思いますが、本当に利益につながるので、ありがたいですよね。


【体験談9(口コミ)】引っ越しよりも大変な粗大ゴミの嫁ぎ先

数年前、アパートから一軒家へ引っ越ししました。もう使わないであろう分厚いテレビ、古臭いローボードや、傷がたくさん付いた無垢の机など、それぞれゴミとして捨てるのに大変な思いをしました。近所の空き地で「廃品回収、無料でします」とあったので、電化製品はそこへ捨てに行きました。廃棄物としてではなく、かと言って有料で廃品回収して転売するわけでもない業者さんは「有価物を無料で回収」することで問題ないようだ。机やローボードなどは、住んでいる市が受け入れてくれる施設へ運びました。すごくありがたい反面、市の施設のため、土日が休みなんです。家庭からでる粗大ゴミは10kgにつき160円でした。捨てる作業が完了するまで時間はかかりましたが、専門業者に引き取りに来てもらうよりスムーズ、料金が安価にことが済んだのでよかったです。


【体験談10(口コミ)】廃品回収を見積もり無料で良心的価格でしてもらったよ

仕事の都合で転勤することになったんだけど、赴任先は遠方な上に今より狭い社宅なんだよね。この機会に古くなった家具や不要家電を廃品回収に出そうと考えたんだ。でも自治体の回収日は都合が合わなくて困っていたんだよね。そんな時、ネットで見積り料金をを無料で廃品回収してくれる業者を見つけたんだ。24時間受付だったし、何より私の都合に合わせて訪問してくれたのが助かったよ。パソコンとテレビ、ラック、ソファーの処分をお願いしたんだけど、提示された見積金額が予想より安かったから早速依頼したんだ。作業は丁寧な上にテキパキと作業していて驚いたよ。正直金額が安かったから大丈夫かな、と疑っていたんだ。個人情報の保護も徹底して守ってくれるところが更に好感を持てたね。おかげで身の回りをすっきりさせて、赴任先に行くことが出来て本当に感謝しているよ。





地域一最安値業者が簡単に見つかる唯一の方法

更新日:2019/6/4
  1. 複数の業者へ一括見積りにて最安値がわかる

  2. 地域密着の業者のみ相見積もりができる

  3. とにかく最安値で不用品回収を依頼できる


一括比較見積り


不用品回収 一括比較