最安値業者が簡単に見つかる唯一の方法

更新日:2019/6/4
  1. 複数の業者へ一括見積りにて最安値がわかる

  2. 地域密着の業者のみ相見積もりができる

  3. とにかく最安値で不用品回収を依頼できる


一括比較見積り


不用品回収 一括比較

【ベッド処分には3つの方法があります!】ベッドの回収手段、方法にいてのメリット・デメリットをお伝えします

納得のベッド処分方法を探す!



ベッドの回収、手段、方法についてお知らせいたします


不用になった家具で、処分に困るものと言えば、場所も取り、重く、解体するのにも困難なベッド・・
処分する時には、意外と悩んでしまう家具の一つです。
ベッド、2段ベッド処分ソファーベッド、マットレスの処分方法としては、下記の方法があります。

  1. お住まいの市町村の自治体クリーンセンターに回収依頼する(搬入する)

  2. リサイクルショップに依頼する。

  3. 不用品回収業者に依頼する。

などがありますが、これらにもメリットとデメリットがありますのでお知らせします。





お住まいの自治体クリーンセンターなどに依頼する
ベッド処分費は市町村によっても様々です。
ベッドの枠ダブル、セミダブル、シングルで金額が変わり、¥1000〜¥2000くらいが多いようです。
また、二段ベッドなども¥1000〜などがあります。
これは、あくまでもベッドの枠でマットレスにも別に費用がかかりますので、お気を付け下さい。
マットレスは¥500〜市町村によって異なるようです。
こうして、処理手数料が発生します。

回収依頼をお願いする場合、場所、日時、時間などの予約をしっかりしておかなければなりません。
基本的には自分で準備し持って行くことと思っていたほうが無難かもしれません。
自分で車が準備出来、運べる場合は、事前に受付時間、曜日等を確認し、搬入すれば、各自治体により異なりますが安くなる場合もございますのでご確認下さい。
↓コチラで各自治体のHPリンクを掲載していますので参考にされてください
【環境省の不用品回収】どちらが正解?環境省(役所)vs不用品業者


リサイクルショップに依頼する
基本的にリサイクルショップでは、売り物にならないものだと、逆に回収してもらうのに、お金がかかってしまう場合があります。
とくに、古い物や、痛み、損傷の激しいものに関しては売り物にはならないと判断され、お店によって異なるとは思いますが、自治体(クリーンセンター)で処分するよりも、お金がかかってしまう場合があるので、注意しておかなければなりません。

新しいものや、比較的、綺麗に使っていたもので、他人が見ても程度の良いもの、売り物になると判断された場合はお金がもらえる可能性があります!
まずは、査定して頂いたほうが確実だと思います!
とはいっても、最寄りのリサイクルショップは忙しいことも多く大きなものだと出張見積りがほとんどなので気が引けてしまうことも多いです。

そんな方は、インターネットで検索して複数の業者へ「大きい荷物だけどなるべく安く処分したい」「相見積もりをしても良いか?」などを業者へ聞くと本気度が伝わりその場で最適なアドバイスをくれたりすることもありますので、参考にされてください。


不用品回収業者に依頼する
不用品回収業者の場合は、お金を支払うのが全般なので、比較的金額的にも、高い場合があるかもしれません。
フリーダイヤル(0120)にて無料電話の会社が多いため、これに関しては、業者さんにまずは聞き確認をとった方が良いでしょう。
回収業者によって金額がまちまちだと思いますので、見積もりを出してもらう方が確実だと思います。
引越し時の方は、引っ越し業者へ引っ越しを兼ねて処分を依頼するという方法もあります。

自宅前に、車で回収業者がアナウンスしながら、走っている業者は違法な業者も多いため注意が必要です。
処分代として、お金を支払ったけど、どこか山中に捨てられてた、川の河川敷に捨てられてたという事も耳にしたりする方もいらっしゃるでしょう。
そんな方は、コチラを参考にされてください「【無料廃品回収】業者とのトラブル防ぐ!うるさい廃品回収車は違法?
市役所、区役所などでも、不用品回収業者の紹介もあるので確認するのも良いかもしれません。
最近はインターネットでホームページを出しているのでその処理業者情報検索したりして確認することも出来ます。

結果、複数の業者へ「不安なことを聞く」「価格比較する」ことをオススメします


以上の方法があります。皆様の一番の良い処分方法が見つかりますように、少しでも参考になりましたらと思っております。

【口コミ一覧】ベッド処分の料金や無料の方法を経験者10人に聞きました!「ベッド処分の口コミ」


【体験談1(口コミ)】ベッドの処分方法について

私がベッド生活になったのは高校生の時でした。当時はパイプベッドに布団をひくだけのものでそれまでに布団の上げ下ろし生活から開放された状態は高校生の私にとってもとてもありがたい存在となりました。2つ目のベッドはベッドマットも一緒になっているものでした。ベッドは気軽に利用できる反面必要がなくなった時の処分に困ります。リサイクルショップでは程度のよいベッドは買取となりますが、程度が悪いものであっても無料で引取りをしてもらえれば大変助かるサービスです。自分で処分するとなると大型ゴミに出して有料となるためです。ベッドは購入するときは嬉しいもの、処分するときはなによりも困るものだと思います。楽に処分が出来るようになればいいと思います。




【体験談2(口コミ)】ベッドやベッドマットの処分は全て無料です

私たち家族は、大阪府の北摂地域に住んでいるのですが、その市では、ベッドだけでなくベッドマットの処分は全て無料でしていただくことができます。普通に一般ごみの回収と同じように、市の清掃会社がとりに来てくれます。ベッドは、大型可燃ごみとして、月に一度ゴミの回収日がありますし、スプリングが入っているベッドマットも、不燃ゴミとして、月一回の回収日があります。そのため、たいていゴミ置き場には、数か月に一度は捨てられていますし、それを当たり前のゴミとして回収してくれます。正直この制度は、とても助かっています。地域によっては、有料で引き取ってもらわなければならないところもあるのに、私たちの市では、処分してくれるため、とても助かっています。私たちが捨てたベッドは、大きいので、少し小分けしてゴミに出しましたが、ベッドマットはもちろんそのままで大丈夫です。ほんと、便利な場所に住んでいるとつくづく感じています。


【体験談3(口コミ)】できるだけベッドマットを安く処分する方法を考えてみました。

24歳の女性です。このたび結婚が決まり、引越しをすることになりました。ひとり暮らしをしていたので、新生活のために購入した家電や家具とかぶるものは処分していかないといけません。そこで一番困ったのがはベッド。少々年季が入っていたのでリサイクルショップには持ち込めず、自治体の粗大ごみに出すには日程の関係で引っ越しに間に合わない。処分業者も考えましたが、料金がそこそこかかるみたいで。そこでばらして捨てることにしたのですが、ベッド本体は簡単にばらして小さくできたのですが、ベッドマットがどうにもならない。困っていたところ、無料で家具や家電を欲しがっている人に譲ることができるサイトがあることを知りました。出品してみたところ、すぐに引き取りにきてくれる方が現われ、無事処分することができました。


【体験談4(口コミ)】ベッドを買い換える時に処分料金が無料になった体験談

一人暮らしを始めるにあたって、自分のベッドを購入する方は多いですよね。ところが数年後、たとえば結婚が決まったとか、少しいいベッドを買おうかなと思った際に、古いベッドの処分をどうしよう…となりますよね。私はそうでした。なにぶん大きいし、処分するとなるとお金もかかりますしね。処分をどうしようかなと思いつつ、アウトレットの家具屋さんで購入するベッドの品定めをしていた折に、ふと店員さんに相談してみると「ご購入いただいた方は、今までご使用のベッドとベッドマットはお引取りできますよ!」とのこと。しかも、無料でやっていただきました。最近は家具屋さんでも、このように古い家具の下取り処分をしてくれるところもあるんですね。ベッドの買い替えの予定があるみなさんも、一度お店に足を運んで相談してみてくださいね。


【体験談5(口コミ)】ベッド・ベッドマットの処分は引き取り業者へ、持込みなら無料かも

引っ越すことになり、考えた末古いベッドとベッドマットを処分することにした。しかしそこに至って初めて、こういう大型家具は無料では引き取ってもらえないということに気付いた。遅すぎる。自治体に粗大ごみとして処分してもらおうにも、種類によって処分を受け付けてくれる日が限られていて、引っ越しに間に合わない。リサイクル業者ならあわよくば売ることができるかも、とも思ったが、連絡してみると使用済みのベッドマットは受付できないと言われ断念。結果、不用品回収業者にお願いすることになった。重くて自分では動かしきれなかったベッドとベッドマットを一度で引き取って引き取ってもらえたし、なんとキャンペーン中で値段も格安だったので、すごくラッキーだった。持込みなら無料で引き取ってくれることもあるらしいので、運べる家具の処分は次回は回収業者にお願いしようかな。


【体験談6(口コミ)】ベット、ベットマットの処分の見積もりが無料でした。

自宅をリフォームすることになり、長い期間使用していたベッドとベッドマットを処分することに決めました。自治体に電話をして処分方法を聞きましたが、ベッドとベッドマットは自宅から自分の力で外に運ぶということでした。なかなかそれは難しいと考えて、自宅の中までベッドとベッドマットを取りにきてくれる廃品処分会社に電話することにしました。フリーダイヤルで話を聞きましたが、見積もりは無料でしてもらえるとのことでした。早速、私は無料の見積もりをお願いして、ベッドとベッドマットの処分価格を聞くことにしました。業者さんはトラックきて、自宅の2階にあるベッドとベッドマットの運びだしと処分費用の見積もりです。私は見積もり金額に納得が出来たので処分をお願いました。


【体験談7(口コミ)】面倒だがベッドとマット処分を無料でする方法

ベッド処分を無料にする簡単な処分方法を紹介します。まずは、ベッドマットの解体です。スプリングの針金とカバーを解体しましょう。これによって分別して処分することが出来ます。やり方は、カッターを使って切れ込みを入れ、切れ込みから上下に開きましょう。そしたらスプリングを押さえながら引っ張っていきましょう。スプリングが取り出せたら、その取り出したスプリングについたゴミを払ってください。そのあとは、残ったカバーをまとめてゴミ袋にいれて、作業完了です。袋詰めされたカバーは一般ゴミで出せると思います。(各自治体によりますので、注意が必要です)スプリングの方はカッターやはさみなどで、バラバラにして金属ゴミとして粗大ゴミで出しましょう。


【体験談8(口コミ)】ベッド本体とベッドマットのリサイクル?

今から15年前のことですが引っ越しすることになり,引越し先がかなり狭いアパートだったんですが,その時結婚した時から使っていたベッドを処分することになったんです。結構大きなものだったので本体は分解し,本体とベッドマットとをどうしようかと考えたんですが嫁さんの実家に結構大きな倉庫があり,あずかってもらえることになりました。嫁さんのお父さんは几帳面な人で今後また使うことがあってはいかんと丁寧に梱包して無料であずかってくれました。業者に引き取ってもらうこともできたんですけど,いわば,実家のお父さんが業者のような方で古いものも全部あずかってくれてました。その後,10年ほどして,また,ベッドが必要になり,お父さんにお願いしたらまだ,そのベッドを取っていてくれて,ありがたいことに自宅まで持ってきてくれて組立を手伝ってくれました。



【体験談9(口コミ)】無料で部屋まで回収に来てくれる業者がある

引越しや大掃除などでゴミがたくさん出ることがありますよね。小さなゴミであれば普段通りの可燃ゴミや不燃ゴミで捨てることができますが、粗大ごみについては苦労されている方も多いと思います。自治体の粗大ごみ回収は月に一度であったり、回収してもらえないものがあったりとすんなりと処分できないこともあります。特に、ベッドやベッドマットは回収できないと言われることも多いのではないでしょうか。そんな時に便利なのは処分したいものを無料で回収してくれる業者があります。ベッドやベッドマットなどは特に運ぶのも大変なので、部屋まで回収に来てくれる業者をオススメします。引越しや大掃除で粗大ごみの処分方法でお困りの場合は一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。




【体験談10(口コミ)】ベッドやベッドマットの無料処分方法

近年では、布団を敷いて寝る人は少なくベッドやベッドマットに寝る人が多いのが現状です。長年使っていると、ベッドの足が折れてしまったり、ベッドマットが切れてしまったりと不具合が生じて来て処分する事になるとおもいます。そうして処分する際、ゴミ集積場などに持って行くと、お金が掛かったりしてしまいます。人間少しでも、お金が掛かると払いたくないと言う気持ちが生まれ、最悪なケースだと不法投棄にまで発展してしまいます。私の住んでいる地域では、産廃業者の方が軽トラックに乗って、無料で引き取りに来てくれます。ただし、金属の物が主ですが。パイプのベッドなどは勿論、ベッドマットのスプリングも無料で引き取ってくれます。分解はせずに丸ごと引き取ってくれます。皆さんも、無料で引き取ってくれる産廃業者の方を利用してはいかがでしょうか。


地域一最安値業者が簡単に見つかる唯一の方法

更新日:2019/6/4
  1. 複数の業者へ一括見積りにて最安値がわかる

  2. 地域密着の業者のみ相見積もりができる

  3. とにかく最安値で不用品回収を依頼できる


一括比較見積り


不用品回収 一括比較