遺品整理業者を利用した方の体験談(口コミ)

遺品整理業者の費用や相場は?買取や清掃も!「遺品整理の口コミ」

最安値業者が簡単に見つかる唯一の方法

  1. 複数の業者へ一括見積りにて最安値がわかる

  2. 地域密着の業者のみ相見積もりができる

  3. とにかく最安値で不用品回収を依頼できる


一括比較見積り

不用品回収 一括比較

遺品整理業者の費用や相場は?買取や清掃も!「遺品整理の口コミ」

遺品整理の口コミと失敗しない遺品整理業者の見つけ方

遺品整理をすべて任せる前に費用の相場をチェック?

まず、故人に遺族がいる場合の私有財産が「遺品」に該当します。
従って、業者が「遺品」と呼ぶのは故人に敬意を払っている言っているだけで、法的な定義は無いことを前提に話を進めます。
まず、整理したい遺品が財産に該当するようなものは、家主や親族、親兄弟、子供でも遺言がない限りは、誰も手を出すことはできません。
預金通帳やそれに使用する印鑑などは、法律によって一定期間「凍結」されます。

ではその他の家財や、写真などはどうなるのでしょうか?
実は、所有者のいない家財や物品は法律上は冷たい言い方ですが「ゴミ」と同じ扱いです。
賃貸ではそこにある家財は、賃貸契約書にあるとおり、「賃貸契約が終了したと同時に、物件所有者が自由に処分できる」とあるはずですので、粗大ゴミやリサイクル法に則った方法で処理が可能です。
市営アパートなどでは、孤独死は、まず市役所などが手続きをしますので、通常はそうしたサービスの利用は自治体の判断によるでしょう。
市役所の方から、そうしたサービスを使ってくださいと言われることは絶対にありません。
しかし、例え孤独死であっても、故人にはそれぞれ思い出もあるでしょうから、それを捨てるのは忍びないという感情から、「遺品整理」という民間サービスが台頭したと言えます。

一般社団法人で遺品整理業を後押しする団体もありますが、少し意地悪なことを言えば「便乗商売」であることは確かですね。
従って、こうしたサービスを利用するのは親と親交の低い疎遠な家族や、孤独死で困った賃貸物件の家主になります。
ほとんどが高齢者の場合が多く、自殺者では遺族が業者に任せるケースはほとんど無いようです。
こうした業種の相場は、業務内容はほとんど代行業なので、任意の作業費用が見積の内訳です。

相場としては、ハウスクリーニング業者の延床面積作業費用の3割強の価格、6畳クラスで6〜10万で、そこに申請代行費用とか、家財処分費用が加わることになります。
家財処分は、公共サービスを使いますからタンス1個で1,000円の3倍、その他写真などを埋葬品として整理する費用で数千円くらいなどのオプションがあるようですね。
「遺品整理回収処分」というのは、単純に粗大ゴミ処理代行ですので間違えないでください。
やはり、ご遺体があった部屋なので、部屋まるごとを業者任せにするケースも多いそうですが、その場合ではリフォーム業も含めた場合で25万〜50万程はかかることが予想できます。
以下が、およそ遺品整理業者が行う業務です。

まず遺品についてですが、金品に相当するものは財産分与に関わるので、遺書や相続財産管理人などを介して親類縁者に配分が決定され、それ以外で全く身寄りのない故人である場合は、一定期間預貯金も含めて財産は凍結され、利害関係人や家庭裁判所が、検察官などの要請を受け、任命を受けた相続財産管理人が債権者や受遺者に対する請求催告や、不明である相続人の捜索を行い、6ヶ月経過後に誰も名乗りを上げない場合、相続者がいない場合は国庫に入ることになります。
基本的に、財産に関しては死後遺言がなければ、例え親族、血縁者でも財産に関与することはできないんですね。

それ以外に関しては、不思議と「専門遺品整理業者」がいるみたいですが、相続人なら自分で粗大ゴミや遺品として自由に取り扱うことはできます。
無論、遺言があればそれに従いますが。
あくまでも民間の資格に該当しますが、「遺品整理士認定協会」が定める遺品整理士という資格も存在します。
ただし、公的な法規制に対して特別な行為が出来る資格ではありません。
家裁の相続財産管理人の代行業務に過ぎないということです。
車検場周辺にある、「申請書類代行業者」と存在は同じようなものですね。
つまり、賃貸アパートなどで、親類縁者などと連絡が全く取れない、孤独死に見舞われた家主などが、その私有財産処分に困るため、そうしたサービスが登場したと言われています。

相続の関係をクリアした家財は、家電は通常通りリサイクル法に準じたものは、中古で使えるものはそのまま中古販売業者へ、家財も無傷で臭い等がなければそのまま中古品販売業者が買取ります。
従って、これらを業者が行うのは全て代行料で費用がかかるということになります。
家財の素性は、売買とは全く無関係ですので、買取業者に黙って売っても犯罪ではありません。
消臭等は業者が行うでしょうが、消毒作業をしたところで販売はできませんから、ほとんどが粗大ゴミです。
「遺品」という言葉が独り歩きしていますが、遺品とは遺族がいて初めて成立する物品や金品などを指すので、業者が言う「遺品整理」とは、単純な「家財処分」と内容は変わりありません。
法律上の定義は全くないんですね。
  • 床や壁のリフォーム(遺品整理と同時に行うケースが多いです)
  • 大型家電などのリサイクル料と代行費用
  • 粗大ゴミなどの公共サービス費用と代行費用
  • ゴミ(遺品)の整理、区分けと埋葬品などの仕分け作業費用
  • 合同墓までの火葬・埋葬費用及び代行費用

ほとんどが公共サービスを利用した費用に、作業代がプラスされた感じです。
リフォームが絡む場合は、その見積もりだけで6畳20万程はかかりますから、見積もり相場の大半は、こうした工事が絡むと高額になります。

仏壇、仏具についてまでカバーする業者もいますが、身内の埋葬に関わり合いたくない親族などが、そうした費用を出すことは極めて稀なケースなので、考える必要はないでしょうね。
位牌に関しても、戒名の問題がありますから、これは無関係と考えて良いです。

遺品整理の家具・家電の買取はどこの業者へ依頼するのか



遺品整理体験談 - 目次


【体験談1(口コミ)】祖母の遺品整理で思い出がよみがえる(おばあちゃんありがとう)


私は、自他ともに認めるおばあちゃん子でした。そんな大好きなおばあちゃんが去年亡くなりました。そして、先日遺品整理をしたのです。遺品整理では、おばあちゃんの私物を家族で分けていきました。私のおばあちゃんは、着物と、ブランド品のバッグが大好きだったので、今でも使えるようなものがたくさんありました。その中に、私にとって、忘れられないものが出てきました。それは、私が幼いころに着た七五三の着物です。おばちゃんに買ってもらって、七五三の当日もおばあちゃんと一緒にお参りに行ったのを今でもはっきりと覚えています。それを見ると、おばあちゃんとの思い出がよみがえって心が本当に熱くなりました。他にも、たくさんジュエリーやブランドバッグがあったのですが、私はその着物の一点をもらって帰りました。着物は、長くたんすに入れっぱなしにしていると、虫に食われてしまったり、シミができてしまったりするのですが、私の着物は、とてもきれいな状態で残っていました。おじいちゃんに聞くと、定期的にしっかりと管理してくれていたそうです。私に女の子の子供ができた時のために、保存しておくと言っていたそうです。そして、私のお腹には今、赤ちゃんがいます。性別は女の子です。おばあちゃんに見せてあげることは出来なかったのはとても残念だけど、遺品整理で譲り受けた着物を着せて、お宮参りや七五三に行くつもりです。天国からおばあちゃんも見てくれていると思います。


【体験談2(口コミ)】一人暮らしだった親族の遺品整理をお願いしてみました

遠方に住んでいる、一人暮らしの親族が亡くなってしまいました。葬儀等は地元で行ったのですが、親戚が住んでいたアパートを引き払わなくてはいけなくなり、遺品整理の必要が出てきました。ですが私をはじめ親族は皆仕事が忙しく、またその親戚の住んでいた場所が遠方で、誰も行くことができなくて困っていました。そんな時、遺品整理専門の業者があることを知りました。はじめはプライベートな、しかも遺品整理というデリケートなものを他人に頼んでいいものか迷いましたが、結局タイムリミットも迫ってきたし他の解決策がなかったのでお願いすることにしました。初めての体験でどんなものか全くわからず、心配でした。しかし、依頼した最初の接触である電話での対応が丁寧で気持ちの良いものであって、好印象でした。それから実際に遺品整理をお願いしたわけですが、丁寧に、かつスピーディーに作業をしてくれたようでした。もし、私をはじめ親族が遺品整理をしていたら、きっと作業中に様々な感情が湧きあがり、時間がかかったり途中で中断していたことと思います。ですので、思い切って業者に依頼して正解だったかなと思っています。遠方でも引き受けてくれましたし、費用も思ったより安かったです。遺品整理というものは心情的にも体力的にも面倒な作業ですので、一生に何回もあるものではありませんが、こういったプロにお願いするのも一つの手だなあと思いました。他人に頼むなんて情がない、なんて思う人もいるかもしれませんが、私たちはお願いして良かったです。


【体験談3(口コミ)】遺品整理はプロに任せるのが一番です。

一昨年の夏に父が亡くなり、残された母は高齢で体も弱っていた為地元の老人ホームに入所する運びとなりました。一人娘で他県に嫁いでいたワタシは、お葬式や納骨の手配をやっと終え安心したのもつかの間、高齢者2人で住んでいた大きな農家の屋敷だけを手元に残され途方に暮れました。もう誰も住まなくなった家を見上げて溜息が・・・恒例の夫婦2人が外出もままならなくなった晩年に溜め込んだ使うのだかどうだかわからないガラクタの数々。どうして人って年齢を経るとモノを溜め込んでしまうのでしょうね。つくづく生前に捨てさせるべきでした・・・と思っても後の祭り。この大規模な「遺産」を前に溜息しか出ない長女のワタシ。ざっと計算してみただけでも4トントラック10往復くらいじゃ追いつかない量なのです。主人に会社を休んで手伝ってもらって・・・経費を考えただけでも眩暈がしそう。そんなとき藁をも掴む思いでサイト検索したのが遺品整理の専門業者です。遺品の整理から処理、またオプションでハウスクリーニングや屋内消毒までしてくれるとのことで、早速見積もり依頼を出しました。こちらの日程に合わせて現地まで来てくれて、その見積りの正確且つ素早いことにはさすがプロ、と驚きました。処理と作業、運搬合わせて諸費用合計をもらい、それ以外は一切経費がかからないということで、後日早速作業を依頼しました。最初は半ば半信半疑でしたが、目の前で瞬く間に梱包されていく品々を見ながら、自分達だけで作業することを想像するとゾッとしました。やはりプロに頼むのが一番です。スピーディーながら丁寧で、しかも作業が1日で終了したことには感動すら覚えました。


【体験談4(口コミ)】遺品整理のことは早めに考えておかないと大変!

遺品整理と聞くと大抵の人は山積みの不用品を思い浮かべるのではなかろうか。筆者もその口である。実をいえば私は父母の死に伴って、遺品整理に関して大変な苦労をした。長いこと入院生活をして亡くなった父母の家は古い衣類を始め、趣味だった日曜大工に使う廃材、工具など不用品の山、山、山……。当然それらは捨てる以外に手段はない。私は元々掃除は得意な方でいらないと思えばすぐに捨てることの出来る人間なのだがいざやろうとすると、思い出のある品が大量に出てくる。アルバムだったり、表彰状だったりと、本当に捨てていいのだろうかと、中々即決するには難しいものが出るわ出るわの大盤振る舞い。これの選定には正直ほとほと参ってしまった。結局すべて片付いたのは半年程経ってからだった。 今回の件で私が学んだのは、人は思いの外、物を残しているということだ。箪笥の中、押入れ、物置、収納庫etc……。キッチンにある収納庫からいつ漬けたのか分からない梅干しや糠床が出てきた時にはさすがに辟易した。その時、私は両親は様々な物を残してくれたが、自分の時はもう少し物を整理しようと強く誓った。とはいえ、何時から遺品整理をすれば良いのか。やはり定年を迎えてだろうか。時期を決めるのは難しいが、体の動く内にしておかなければならないのは確実だろう。やはり何十年も住み続けて残された物には大きな物、重たい物はかなりの数存在する。定年を契機に、今までを見つめ直して残りの人生を気兼ねなく謳歌する為にも早めの遺品整理を行うのが良いのではなかろうか。


【体験談5(口コミ)】遺品整理業者選びにについて

私の家には高齢の家族がいるために、そろそろ亡くなった後のことを考えるようになりました。特に遺産相続などがテーマに上がることも多いのですが、遺品整理をしっかりと行うことが重要だと思っています。私は仕事が忙しいために、十分に遺品を整理する時間を取ることができないと思っています。また、遺品整理を行う時には精神的な負担も大きいといわれているために、小心者の私にとってはなかなか気が進まない作業となると思いました。そこで、ここ数年で全国的に広まっている遺品整理を専門的に行っている業者に関心を持ちました。特に遺品整理をお金払って行うことに対して私は抵抗感を持っていません。そのため、遺品整理を代行して行ってもらえるのであれば御の字だと考えています。インターネット上の口コミサイトやランキングサイトなどでは人気のある全国展開の遺品整理業者についての情報が掲載されているために、私は時折このようなサイトを利用して情報収集を行っています。遺品については私にとっても思い出があるものがたくさんあるために、きちんと管理をしてもらうことができる業者を見極めなければならないと思っています。インターネット上では全国の業者のウェブサイトが開設されているために、料金の見積もり額やサービス品質などを参考にしてより理想的なサービスを行ってくれる遺品整理業者に依頼をしたいと考えています。私は遺品整理業者は今後も社会的にとても重視されると考えています。


【体験談6(口コミ)】専門の業者に頼んで遺品整理してもらいました。

亡くなった祖母の遺品整理がなかなか出来ずにいて放置していました。遺品整理ってみんなどうしてるんだろう?と思って、インターネットで調べてみると遺品整理してくれる専門の業者があるんですね。ですので私も業者に頼ってみることにしました。ネットで一括見積りのサービスを使って業者をしぼってもらい、値段の比較的安いサービスもよさそうな業者に決めました。値段と言うのは整理したい間取り、ゴミの量、処分またはリサイクルしたい大型家具の量で決まるみたいです。うちは少し広く1LDKで大きい家具もあったので10万円くらいでした。電話で相談をし、見積りを出してもらい2日後には作業にきて頂きました。作業人数は2人で、仕分け、梱包、搬出をあっという間にしてくれてその後軽く掃除もして頂けました。作業を確認後お金を支払い終了です。あれだけどうやって整理しようか悩んでいたのにあっという間でした。自分たちでやろうとすると精神的にも時間的にも負担がかかりますし、色々とお話も聞けて勉強になりましたので、この値段ならば十分にもとがとれたと思います。私は見積り以外に請求はされなかったのですが、なかには作業後になにかと請求してくる業者もあると聞きましたので、どこまでがサービス内なのかしっかり確認しておくことが大事だと思います。スタッフの方の遺品の扱いも丁寧でしたし専門の業者に頼んでよかったなと思いましたので、もし遺品整理に悩んで放置してる方がいましたら一度業者へ相談してみてはいかがでしょうか。


【体験談7(口コミ)】ゴミ屋敷でも作業してもらうことができました

昨年、父方の祖母が亡くなった際に、遺品整理業者を利用しました。祖母は俗に言うところの変わり者で、実の一人息子である私の父ともほとんど行き来がない状態でした。それでもまだ、祖父が生きていた頃は、とりあえず普通に暮らしていたのですが、祖父が亡くなって一人で暮らすようになってからは、家にいろいろなガラクタを溜め込むようになってしまったのです。テレビによく出ているゴミ屋敷に比べると、庭には物を置いていなかっただけマシだったのですが、家の中は物だらけになっていました。人からもらったり、購入したり、はたまた拾ってきたりと、使い道がないような物ばかりドンドン家に溜め込んで、本当にひどい状態になっていました。 息子である父は、全く実家に寄り付こうとしなかったので、私と母が時々様子を見に行っていたのですが、行くたびに物が増えていたので、「死んだら困っちゃうよね」と2人で言い合っていました。私や母が散らばっている物を片付けようとすると烈火のごとく怒り出すので手のつけようがなかったのです。「庭に物を放置しているわけじゃないから、近所から苦情が出ないだけマシかもね」なんて、よく話していました。 そんな祖母が去年亡くなり、結局残されたのは大量のガラクタばかりという状況になりました。父は、祖母が亡くなってから初めて実家の惨状を目の当たりにして驚いていましたが、母にどうにかしろと言うばかりで、自分で片付けるとは言いませんでした。そこで私が遺品整理業者に依頼したのです。母や私だけであんな大量の荷物を片付けられるわけがありません。遺品整理業者からの請求書はもちろん父に回しました。


【体験談8(口コミ)】遺品整理業者を利用してみました

ここ数年、テレビドラマや映画などで遺品整理士が取り上げられるケースが続いたので、世間一般の遺品整理に関する考え方が軟化してきたような感じがします。一昔前であれば、自分の親が残した遺品の整理を業者に依頼したような場合には、親戚中から「親不孝者」となじられる覚悟をしておく必要がありましたが、今ではそんなこともありません。「仕事が忙しいんじゃ仕方ないよね」程度の感じで対応されます。 実は、私自身、昨年実家の父が亡くなった時に遺品整理業者を利用しました。父は実家で一人暮らしをしていたのですが、持ち家だったので、それほど整理を急ぐ必要に迫られているわけではなかったものの、長期間放置しておくわけにもいきませんでした。家の中の片付けが終わらないと電気や水道を止めることができません。空家のために、ずっとそれらの基本料金を支払い続けるのは馬鹿らしいですし、それ以上に怖かったのが、漏電事故です。何らかの理由で漏電が起こり、火事にでもなってしまったら大変なので、なるべく早く片付けてしまった方がよいことは明らかでした。 でも、実家は遠くにありましたし、平日は仕事があって行くことができません。また、結構荷物がたくさんあったので、それを自分一人で整理するのかと思うと、気が遠くなってしまいました。そこで、遺品整理業者に頼むことにしたのです。 依頼してすぐに現地見積もりをしてもらい、納得することができる料金だったので契約しました。私が現地で立ち会うことができる日に作業をしてもらったのですが、1日で家を空っぽにすることができたので、本当に助かりました。



【体験談9(口コミ)】生前に遺品整理業者を探しています。


私の家族内では近い将来祖父母がなくなった時の遺品整理の方法についての話し合いを定期的に行っています。現在では祖父母の両方が元気なのですが、最近では健康にもガタがきているために、もしものことについての意見交換をしています。私の家族は仕事が忙しい人が多いために、遺品整理についても専門の業者に任せることで意見を一致させています。遺品整理は精神的にもとても疲れてしまう作業であるために、仕事を持っている家族にとっては耐えることができないと考えています。そこで、家族みんなで遺品整理を専門としている業者についてインターネットを使って調べています。私の家族には葬儀社などで働いた経験を持つ者がいるために、遺品の効率的な整理方法についてもあるていどの知識があります。私ははじめのうちは遺品整理の業者などどこも同じだと考えていたのですが、インターネット上でいろいろ調べてゆくうちに業者ごとに様々な特徴を持っていることが分かりました。私は遺品整理は故人を送り出すためにも非常に重要なことだととらえるようになりました。特に遺品の一つ一つには大切な思い出も含まれているために、長年の信頼と実績を持っている業者に作業をしてもらいたいと考えています。私たち家族はそれほど裕福というわけではないために、コストパフォーマンスという面も重視しています。遺品整理の業者はここ数年で増加しているために、リーズナブルな価格の業者に魅力を感じています。


【体験談10(口コミ)】遺品整理は専門の業者に依頼することが適当です。

核家族化の進展や、少子高齢化社会を背景として、いわゆる孤独死をされる方が増えています。かつてのように、家族が同居し、故人の最後を看取るといった時代では、故人の所有する財産から、身の回りのもの、日記や手帳など財産的価値が少ないものまで同居している家族が把握しており、死期が近づいていることを家族も事前に察知することができたため、故人の遺志を尊重しながら、少しずつ整理をしておくことが可能でした。核家族化などが原因で、独り住まいをしている高齢者の場合は、どこにどれだけの金融資産があるのか、動産や不動産などの財産がどの程度あるのかを遺族が事前に把握しておくことが困難な場合が多くあります。また、普段使っていた身の回りの品や、日記や手帳の類に至っては、金銭的価値は低いものの、故人の遺志を残す大切なものがあることもあり得ます。また、仮に、故人がアパートなどの借家に住んでいた場合は、家主から速やかに、遺品を整理して立ち退きを求められることも多くあります。私の親戚の方が急になくなられた時も、奥さんやお子さんたちは、父親が亡くなったことの悲しみでいっぱいで、遺品の整理に手がつくような状況ではありませんでした。そのようなとき、遺品の整理を専門にしてくれる業者がいることをインターネットで知り、さっそく、依頼しました。遺品整理の専門家だけあって、故人がなくなられた後、迅速に、貴重品とそれ以外を分別するとともに、貴重品でないと思われる写真や日記なども丁寧に種訳してくれました。遺品の整理は、専門の遺品整理業者に依頼することが賢明だと語っていました。


亡き父からのビデオレター 家族への想い

 

 

地域一最安値業者が簡単に見つかる唯一の方法

  1. 複数の業者へ一括見積りにて最安値がわかる

  2. 地域密着の業者のみ相見積もりができる

  3. とにかく最安値で不用品回収を依頼できる


一括比較見積り

不用品回収 一括比較